思ったこと、実感したこと

【美容整形に賛成?反対?】賛成派の私が思うこと

美容整形に賛成?反対?

今回は、美容整形についてお話しをしようと思います。

結論からいうと私は美容整形に賛成しています。

そもそも反対、賛成って言葉を使うのもどうなのかなって感じなのですが、コンプレックスを潰せるものがあるなら利用して人生楽しみたいですよねって思っているんです。

完全に私個人の考えです。


美容整形に対するネガティブイメージについて

最近はメディアやSNSの影響、そして美容整形を公言する有名人が増えてきたことで美容整形が身近になってきました。

だけれども、まだまだ日本では美容整形に対してネガティブなイメージが根強くあり、違和感を感じています。

そんなイメージになってしまったのは、これまでに美容整形に失敗した話や、後遺症が残ってしまったりとか、親の顔にメス入れるなんて・・という考えも入り混じって、ネガティブなイメージが定着しているのかなって思っています。

こういうのって悪いイメージのほうが良いイメージよりも広がりやすいです、ネガティブイメージが浸透するのも自然なことと思います。

美容整形はコンプレックスを潰すツールの1つだと思う

私は美容整形はコンプレックスを潰してくれるツールの1つだと思っているんですね。

コンプレックスにも種類があって、克服できるものと克服できないものがあって

考え方を変えたり、メイクや髪型で克服できるのならそうすればいいと思います。

でもどうにもならない肉体的な容姿は物理的に手を加えないと変えることができません。

そんなときに候補にあげられるのが美容整形。

物理的にコンプレックスな部分にメスを入れることで、自分にとっての理想に近づけるわけですよね。

肉体的な容姿が原因でいじめられてきた人や、そのことが原因で暗い性格な人は、それに苦しんで生きていくのは私は人生もったいないなと思うんです。

コンプレックスを抱えながら生きていくより、抱えないで生きていくほうが100倍人生楽しめると思うから・・。


「親が生んでくれた体にメスを入れたくない」発言について思うこと

これ私いつも思うんですよね。

決して「親が生んでくれた体にメスを入れたくない」「親の体にメスいれる人反対」発言をする人を攻撃したいわけじゃないです。いろんな意見があるし、そこは尊重したいと思っています。

ただ、私個人の考えは「気持ちはわかるけど、自分の人生って親のためにあるわけじゃないしね」です

確かに親に対しては、生んでくれたことは感謝しているけど、メス入れるも入れないも、これは私の体で私の人生。

自分の顔や体にコンプレックスがあってそれを抱えたまま生涯を終えるなんて絶対に嫌。

コンプレックスを克服する手段があるのなら、それを使ってより笑顔になっていきたいしそれがメイクであっても美容整形であっても問題ないと思っています。

私は親になったことがないからここからは妄想の域だけど

もし子供がもんのすごいコンプレックス抱えて苦しんでたら、それが整形でしか変えられる可能性がないんだったら整形を反対しない。だって人生楽しんでほしいもの。

人生容姿がすべてではないです。でも容姿でものすごい苦しんでいる人はそれがすべてだと思っちゃうし、それがネックで暗い性格にもなってしまうんですよ。人生他にも楽しいことあるよ!って言われても、響かないんです。

もちろん整形に関してはリスクについてはちゃんと説明しなきゃだけど。当然、リスクも失敗もたくさんありますから。相当な覚悟もいります。


芸能人で美容整形するのは当然だと思う。商売道具を磨いて何が悪いのか

美容整形がネガティブなイメージがあるので、芸能人で整形するとネットでは相当なバッシング!?というか話題でもちきりになります。

本人が公表していないから余計に。公表する必要もないんですけどね。

確かにビックリすぎる変化をとげている写真はたくさんあるんですけど、たとえば女優さんやモデルさんだったら、自分が商売道具。

それを磨くための美容整形だったらしてなんぼでは?と個人的には思うのです。

まとめ

私は賛成派だからこんなかんじの話し方をしましたけど、美容整形で失敗して命を落としてしまう人もいます。苦しんでいる人もいます。

反対に、成功してすごく美人になった人もいます。

だから悪だけで塗り固められるのはちょっとな・・って個人的には思うんです。

だから、もっと広い視野もって、リスクはるだろうけど、したい人はすればいいんじゃないのって考えが広がればもっといいのになと思ってます。

いい感じにまとまりませんですが、私は美容整形に賛成派。そう思う理由が少しでも伝わったら嬉しいなと。